1月17日

1.17 阪神大震災から23年が経ちました。

同じ年、地下鉄サリン事件がありました。

どちらも、自分がいる世界がひっくり返るほどの衝撃でした。

亡くなられた人を良く知る人にとっては、なくされた傷みは

癒えることはないのかもしれません。

当時、仕事でどうしても神戸に行く用事があり、

三宮の駅前に着いた時の光景は今でも忘れることができません。

道を幾重にもふさぐ建物、1階の駐車場が押しつぶされたマンション、

中間の階がひしゃげた神戸市役所、波打っている道路、ガスとほこりのにおい、

寒いけど天気だけ良く、異様に静かでした。

それまで、大きな地震を知らなかったので、地震の怖さも本当には知りませんでした。

ほとんどの人がそうだったと思います。

あれから建物の耐震基準も改訂され、ビルも住宅も地震に強い構造になりましたが、

自然の力はいつも人の想像を遥かに超えてやってきます。

年に一度ですが、1月17日は、地震の記憶を思い出させてくれる大事な日として、

これからも、当時に思いを向けて、新たに肝に銘じたいと思います。