住宅・新築一戸建て(大阪岸和田・泉州)なら「マルホーム」

natural material and earthquake resistant マルホーム

natural material and earthquake resistant マルホーム

ウレタン遮熱工法

ウレタン遮熱工法とは?

今まで日本で流通しているウレタン・グラスウール等の断熱材は保温性能に優れ冬は暖かいのですが、 遮熱効果ができないため夏の暑さは基本的に防げません。
むしろ蓄熱作用により熱帯夜に拍車をかける原因のひとつでした。

またアルミ熱線反射は、熱線を反射し、夏は涼しいのですが、冬は保温効果が期待できず、
また結露の可能性も心配されていました。

そこで、この2つの互いに相反する性質を複合させることにより、互いの欠点をおぎない、
暑さにも寒さにも対応できるよう開発したのがウレタン遮熱工法です。

さらに、ウレタン現場発泡により、ほぼ完璧な気密性能が期待できます。
また、防音性能に優れ、結露が発生しにくいことも実証されております。
安全性や作業性も良く、短期間で施工ができます。

即ち、夏涼しく、冬暖かで、省エネ効果の実感できる高性能な断熱・遮熱工法です。


ウレタン遮熱工法とは?
夏・冬、外部からの熱エネルギーを95%以上カット。
内部の冷暖房エネルギーを逃がしません。

ウレタン遮熱工法の特徴

気密性

建物の熱損失の30%は気密性能不足が原因と言われています。
ウレタン遮熱工法では、現場発泡ウレタン吹き付けを行うことにより、現場発泡時にあらゆる隙間にウレタンが充填されるため、ほぼ完璧な機密性能が簡単に得られ、高気密・高断熱住宅に最適な工法と言えます。

防音性

使用する遮熱材はあらゆる電磁波の95%以上をカットし、遮音効果があります。
また、現場発泡ウレタンは防音性能に優れ、遮音・防音性能ともに効果が期待できます。

電磁波

ウレタン遮熱工法に使用される遮熱材は95%以上電磁波をカットするため、人体に悪影響及ぼす電磁波から身を守ります。
特に、高圧電線の近くに建設される住宅には絶大な効果が得られます。

遮熱性

宇宙では薄いアルミシートが、何枚もの分厚い毛布よりも、 宇宙飛行士を強い太陽放射熱から守ることが知られています。
また、焼き芋をアルミで包んでおくと、より長く暖かい状態を保っていることを体感されていることと思います。
ウレタン遮熱工法はこの遮熱性能を高次元で発揮出来る様、遮熱理論に基づき開発しました。

シックハウス対策

ウレタン遮熱工法に使用する遮熱材及びウレタンは、ホルムアルデヒド、VOC等の揮発性物質を全く発生しないので、高気密・高断熱住宅にも安心して使用できます。

軽量

ウレタン遮熱工法に使用する遮熱材及びウレタンは、共に軽量な素材の組み合わせなので、建物によけいな負荷を与えません。

省エネ

ウレタン遮熱工法は、外部の熱線(輻射熱)を95%以上反射しますので、室内側は外気の影響をほとんど受けません。
また室内側で作った冷暖房を外部にはほとんど放出せず、蓄熱・保温します。このため省エネ効果は絶大です。

発泡ウレタンの吹付け アルミ遮熱材の取付け
発泡ウレタンの吹付け アルミ遮熱材の取付け

ウレタン遮熱工法の家についてのお問い合せ

ウレタン遮熱工法について、

「うちでも施工できるの?」
「細かい施工の流れが知りたい」
「うちでは何日かかるの?」

などの、ご質問 お問い合わせ ご相談 受け付けております。
電話(0120-638-600)又はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。
※大阪府下の固定・携帯電話からご利用いただけます。
  以外の方は、072-432-8368までお電話下さい。


\ 相談したいと思ったらすぐにお電話ください! / お電話でのお問い合わせ0120-638-600 受付時間:9:00 - 18:00大阪府下の固定・携帯電話からご利用いただけます 資料請求はこちら 売り込み・訪問営業は一切致しません! 資料請求はこちら
建ててはいけない家
\ 相談したいと思ったらすぐにお電話ください! / お電話でのお問い合わせ0120-638-600 受付時間:9:00 - 18:00 資料請求はこちら 売り込み・訪問営業は一切致しません!